[PR] 還暦祝い 緑色さんの日々 2013年12月

緑色さんの日々

かつてメイプルストーリーをやっていた顔3の日記跡地

◆ プロフィール

緑色三号

Author:緑色三号
何気にオープンβからやってます
一人では寂しいのでログインしてませんが、twitterとかもやってるのでお気軽に連絡待ってます

-MapleStory-
cruponigou
-138ソウルマスター

ごくごくたまにログインしてます
呼ばれたら参上します

緑色三号
―海賊
赤色壱号
―ヒーロー
DDM-2G(ID移行に伴い消滅)
―パラディン

◆ カテゴリー

◆ 月別アーカイブ

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ 最近の記事

◆ FC2カウンター

◆ 最近のコメント

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
Elysion
寝ると言いましたが、夕方頃に少し寝てしまったのと、
久々の全盛期のギルチャを彷彿させる賑わいに、
眠気が吹き飛んでしまいました。

最初にThisLove時代の話をしたのは麺とで、
11月1日のことでした。
「あの頃はまだ××歳だったねー」という話から、
オフをした話、一緒にビシャスをした話、
いろんな昔の話をSSやBGMを交えてしているうちに、
「今は連絡をとっていない人とも連絡をとりたいねー」
という話をしたのが発端だったと思います。

最初は単なる独り言と夢物語だったのに、
少しずつ、一人ずつ連絡を取っていって、
こうやってまた楽しく話せたのはとても嬉しいです。

いつも楽しいことばかりではなかったし、
自分を含めてたまには喧嘩したり、
お互いに距離を置いたこともあったこともあったかもしれませんが、
楽しいことのほうがずっと多かったかなと思います!

こうやってたくさん昔のことを話していると、
共有していた同じ時間の長さに驚かされます><







次回「ThisLove」
 奇跡を待つより、この手をつなぎたい
 信じる力が、私を自由にする
 この恋を恐れずに
 you don't have to fear...
スポンサーサイト
Requiem
懐古厨として、自分なりにこのゲームでの経験をまとめていきたいと思います。
※クソ長い上にほとんどただの事実の羅列なのでつまらないと思います

<オープンβ~>
そもそも始めたきっかけは当時兄がオープンβ中だったこのゲームをやっていたからで、
私自身もそれに続いてアカウントを作ったので、かれこれ10年くらいはやっていることになります。
先日、小学校時代に作っていた机の中を漁っていたところ、
2004/04/08―まだ小学6年生に上がったばかりの頃―に、
データサイトからモンスターデータを印刷してファイリングしたものが見つかり、
改めて時の経過を感じました。

ゲームを始めて当初は、いろいろな人の日記サイトを巡ったのを覚えています。
(当時ブログとはまだあまり言われていなかったような気がします)
最初に戦士を作って以来、ほとんどのキャラを戦士でやってきたため、
初期の頃はメイプる?の鬼武者(鬼薊)さんに憧れていたのを覚えています。

リスの梯子から右ジャンプすると接続が切れるだとか、
ログイン画面が港で宝石のようなカーソルだったとか、
プレイ画面のインターフェースが全く違っただとか、
メイプルアイランドに人がいっぱいいたことだとか、
工事現場やピグ海岸には人がぎゅうぎゅう詰めだったこととか、
神殿ツアーに行って帰れなくなって帰還書をもらったことだとか、
ペリオンで全チャを使って取引をしていたことだとか、
露店許可証が出てからも街なかで露店を開けたことだとか、
招き猫のシーズンには帰還書屋が儲かっていただとか、
奴隷王子とかいう廃がゴーレム寺院でひたすら狩っていたことだとか、
そもそもあの頃には最終的な狩場が寺院か神殿だったことだとか、
レベル60くらいの氷魔がJr.バルログを討伐したSSを見てすげーと思ったことだとか、
エルナスが実装された時に敵に攻撃が当たらずMissばかりだったことだとか、
数少ない友人が引退してしまったことだとか、
ヘネとカニの間のマップで下に落ちてルーパンを殴ってしまい、
ロープで登ろうとしたのに何度も落とされて殺されたことだとか、
もともと地下鉄は実装されておらず、
またグラフィックだけが先に実装されて後に入れるようになったことだとか、
課金アイテムでゲームに優劣はつかないと言いながらサクチケを実装したことだとか、
もうあんな昔のことなのによく覚えています。

<2006~>
それからリアルでも生活に変化があっために、
中学に上がったあたりで一度このゲームからは離れてしまいました。
そして中2に上がったあたりで、当時の中学の友人たちと、
「メイプルストーリーをやろう」という話をして再度始めることになりました。
これは確か2006年の春のことだったと思います。
復帰して当初は狩りに夢中になっていて、
2006年の夏頃には駐車場を経て武器庫狩りに移っていました。
もっとも、一緒に始めた友人たちの大半は大して時間も経たずやめてしまい、
時間を割いてのめりこんでいたのはアニアだけでした。
彼とは当時、リアルでもゲームでも非常に長くの時間を共にしたと思います。
また、最終的に仲の良かった友人たちとの出会いの起点になる関係が出来たのもこの頃でした。
後にThisLoveでギル員となった人たちや、
七光様、芯様、せいしょーあたりとは、武器庫でFLをしたバトを経由してでした。
(バトとは先にFLしたのはアニアで、ちょっと羨ましかったのを覚えています)
あの頃には割と低レベルの狩場から人がいっぱいで、
他人と肩が触れ合ってしまうような窮屈な世界でしたが、
一方でそれがために産まれた交流も多かったのではないかと今では思います。
サクチケタイムが終わってからは大半の人が一斉に狩りをやめ、
カニングの土管のあたりに集まってずっと話していました。

<2007~>
そしてバトを経由してPegasusに入り、
あまり長くは在籍はしなかったものの、
このギルドで仲良くなった人の大半とはFLをしたり、
自分の中ではPegasusの後身的存在だったRequiemで同じギルドに所属するなど、その後も長い間付き合いがありました。
この頃は芯様やせいしょーといった、
当時の自分からするととてもレベルが高い人たちを目の当たりにして、
必死に追いつこうとして狩りをしていたことを覚えています。

そして自分のレベルが120に近づこうかという時に、
掲示板を始めとして様々な場所で「4次実装」が話題の中心となっていました。
既にリプレは実装されていましたが、
4次実装が近づくにつけ狩りも過熱化していきました。

来たる2007年3月28日、4次転職が実装されました。
友人の多くが4次転職に殺到し、そしてスキルブックやマスタリーブックなるものがなければ主要な4次スキルの取得が出来ないことが明らかになると、
その取得に向けて今度は熱を上げていくことになりました。
その時最大の壁になったのが、当時ゲームのエンドコンテンツとして置かれていた、
ジャクムでした。

4次実装前のジャクムは鯖の上位プレイヤーが何人も集まって
何時間も時間を掛けるというもので、
当時の多くのプレイヤーにとっては雲の上の話でした。
友人の中には知り合い伝にジャクムに参加している人もいましたが、
多くはそんなものなどなく、「どうにかしてジャクムが自分たちで出来ないか」と考えました。
その頃のジャクムはいわゆる看板制度が根強かった頃でしたが、
何とかログイン後のダッシュで時間を採ることができ、
はじめて「自分たちで」ジャクムを倒せた時はとても嬉しかったです。

また、始めてオフに参加したのもこの年のことでした。
夏休みには今でも交流が続いている春日チヒロさん(当時10代)と会ったり、
また今でも一番記憶に残っているThisLoveオフがありました。
ThisLoveのオフにははるばる遠方からバトが来たり、
一番年下の麺くんと一番年上の~さまの年齢差が2倍だったり、
当時の自分にとってはかなり変わった体験だったように思います。

2007年の夏を終えると、以前から続けていた看板のために、
また冬に控える高校受験を言い訳にして、
ほとんど狩りをしなくなっていました。
弐号での活動をやめて一度ThisLoveを抜けたこともあり、
交友関係が少し変化したのもこの頃でした。
友人から強く薦められてskypeを導入したのもこの頃で、
skypeで通話をしながらSAをやったり、
下らない話を夜通しし続けていたことを覚えています。

<2008~>
そして高校受験はほぼ予定通りの結果となり、
高校に入ってからしばらくは、思ったよりも学校生活が忙しかったため、
なかなかログインできないか、してもろくな活動をしていませんでした。
このあたりから2007年初頭頃からのレベリング熱はどこ吹く風で、
ほぼチャットだけをする毎日でした。
場所もNPCの登場などで人がいなくなってしまったカニングではなく、
ヘネシスで活動するようになっていきました。
あまりゲーム自体に入れ込まなくようになったため、
この時期で思い返すものといえばチャットくらいです。

<2009~>
アニアから薦められたtravianにハマってしまい、
ほとんどメイプルでの活動をしなくなってしまいました。
2009年の春頃にあった出来事もあいまって、
メイプルからは急速に遠ざかって行きました。

<その後>
その後、travianは翌2010年の10月末まで続けてしまい、
迫る大学受験に向けて慌てて舵を切ることになりました。
大学には無事に合格したものの、
また高校に入った当初と同じく学校生活に関心がいってしまい、
ほとんどゲームもやらなくなってしまいました。
(唯一やったゲームといえばRotMGくらいです)

そして今になって、
急に昔のことが懐かしくなってきました。
自分がもうあと数ヶ月で大学の4年生になってしまい、
後はもう将来の生活のために時間を捧げないといけないことに気づくと、
ただひたすら楽しかったあの日常が、
とても愛しいもののように思えてきました。

そこで…今年の11月頭の懐古熱の高まりに繋がります。

次回、「Elysion」
祝われて、挨拶されて、また次の日があって、
そんな日常
Pegasus
冬になりました。

過去の記事を見返してみると、
7年前の今頃は、数カ月後に実装されるであろう4次職の情報が錯綜し、
情報収集に試行錯誤しながらも期待に胸を膨らませていた時期のようです。
必死に翻訳サイトを使ってみたり、
火力を比較するために計算をした記憶が今でも残っています。

あれは2006年の12月で、
今はもう2013年の12月です。

リアル中2だった自分が大学3年を終えようとしていることを振り返ってみると、
自分が思っていたよりも、予想していたよりも遥かに大きな変化があったことを痛感します。

ThisLoveの方ではみぃさま、いっこー、きゅりとも連絡を取ることができ、
これで主だった人たちとは大半と連絡がつくようになりました。
みぃさまが昔と変わらない感じでtwitter上に現れたのには、
昔のギルドチャットでの会話の雰囲気を思い出させてくれました。
一時はもう連絡が取れないかと覚悟していた人たちが、
たくさんのことが変わってしまったにも関わらず、
変わらずに元気にしているのはとても嬉しいです。
みうとも話せて良かった。

これまでずっと昔の友人たちと話せば、
心に空いてしまった穴を埋められるものだと思っていましたが、
本当は時とともに大事なものがあった場所すら勝手に埋まってしまっていっていて、
実際にはそれを必死に掘り返そうとしているのだと思うようになりました。
懐古厨になってしまったのは歳をとったせいなのかもしれませんが、
それでも忘れたくないことが余りにもたくさんあるということをひしひしと感じています。

ゲーム内で会うのは少し難しいかもしれませんが、
機会があればみんなでskypeをしたりわいわいやれたらなと思います。

みぃさま





次回「Requiem」
終わってほしくないことだって、たくさんたくさんあったのに


追記:先月の頭頃、昔のことを思い返し始めた頃に聞いた曲たち



続きを読む(折りたたみ)





cerebrate
ThisLoveオフで会った人たちとまた連絡を取り始めています。
今のところ元からtwitterで連絡がついていた人をあわせると、
取り敢えずみぃさま以外の人とは連絡がつくようになりました。

麺くんとも「またオフがしたい」というような話をする度にその思いが強くなる一方で、
もうあれから何年も経ってしまいなかなか予定を合わせることも難しいんだろうな、とも…。
せめて全員で実際に会うことは出来なくても、
ゲーム内でもいいので集まりたいなと思っています。

お亡くなりになられたDDM-2Gに代わってボス戦が出来るように、
またもしゲーム内で再会することになったときに迷わないようにと
最近もちょくちょくログインしていますが、
未だにずいぶん色んなことを覚えているものだなと思います。




次回「Pegasus」
あの時まで、飛んで行くことができたなら





追記の機能超久々に使ってみたかったので、
前回のオフのについてもう少し詳しく


続きを読む(5年ぶり)




鳴らない電話
一年ぶりくらいにMaple Story時代の友達とオフに行きました。

メンバーははかねー、ざかん、ぷみさんで、
はかねーは1年振り、ざかんはなんと5年振り、
ぷみさんは知り合ってから6年以上経ちますが会うのは初めてでした。

印象としては
・はかねーは白い、声の作り方すごい
・ざかんはかわいい、不思議
・ぷみさんは背が高すぎ、足長すぎ

話題になったのは昔のことが多く、
もう会えない人がたくさんいる一方で、
これだけ時間が経っても昔話が出来る人たちがいることは、
とても嬉しいことなんだと思いました。

次回「cerebrate」
拡声器でお祝いされたこと、覚えていますか?

◆ ブログ内検索


copyright 2006-2007 緑色さんの日々 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by ダイエット.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。